ホワイトニング|船橋の歯医者|船橋あらき歯科

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、歯磨きやクリーニングでは落ちにくい加齢や飲食物による黄ばみや着色を「歯を削ることなく」薬液で白くする方法のことを言います。

ホワイトニングの薬液は歯の表面だけでなく、中の黄ばみ色素を分解し内面から白く美しい歯に導きます。
またホワイトニングはご自身の天然歯に効果があるため、不自然な白さにはならず 自然なお色味の仕上がりになり、口元に清潔で爽やかな印象を与えます。ホワイトニングで歯を白くすることによって、笑顔の魅力度がアップすることは間違いないでしょう。

新しい環境・結婚式・就職活動・自分へのご褒美

始められるきっかけは様々かと思いますが、ホワイトニングを終えられた大半の方からやって良かったとのお声をよく耳にします。興味はあるけど 始めるか悩んでいる、安全性・料金・期間など気になることがある…どんな些細なことでもどうぞお気軽にスタッフ、ドクターにお尋ねください。

またホワイトニングには「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」といった2種類の方法があり、それぞれにメリット・デメリットがございます。

このページでは両方の特徴をまとめましたので、ご自身に合った方法を是非見つけてくださいね。

※船橋あらき歯科ではホームホワイトニングを行っております。

オフィスホワイトニングについて

オフィスホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で有資格者によって行ってもらうホワイトニングのことです。歯の表面に薬剤を塗布し、光を当てることでホワイトニングを行います。ホームホワイトニングと比べて、白くなるスピードがはやく 短期間で効果を実感していただけます。

オフィスホワイトニングのメリット

  • 短期間で効果を実感できる
  • 歯科医院で有資格者によって治療してもらえる(安全性・スムーズな対応)
  • ホームホワイトニングよりも施術時間が短い
  • クリーニングが受けられる
    (ホワイトニングの治療前にはクリーニングを行いますので口内環境の改善にもつながります)

オフィスホワイトニングのデメリット

  • 費用がホームホワイトニングに比べて高額になる
  • 色の後戻りが早い

ホワイトニングによって起こる
可能性のある副作用

ホワイトニングをすることによって、歯が染みるといった症状がでる場合があります。これは薬液が原因で、薬液の成分と濃度によって歯の神経が刺激を受け、痛みが生じています。
多くは薬液の強さを下げたり・無理せずホワイトニングを一旦お休みしていただくことで症状が改善されるかと思います。それでも症状が改善されない場合は他の原因も考えられますので、医師にみてもらう様にしてください。

このような方におすすめ

  • 全体的に歯を白くしたい方
  • 自然な色味の白い歯を希望されている方
  • 挙式や成人式など大切なイベントが控えている方
  • 笑顔に自信を持ちたい方
  • 清潔で爽やかな口元の印象になりたい方
  • セラミック治療などの審美治療を今後受ける予定の方

オフィスホワイトニングの流れ

  1. 検査・カウンセリング お口の中の検査を行い、ホワイトニングができる状態かチェックします。
  2. クリーニング ホワイトニングは 歯の表面に薬剤を浸透させ、歯を白くするため施術の前には歯をクリーニングします。
  3. ホワイトニング(施術)

    ・歯茎に薬剤が付かないように、保護剤を塗布

    ・歯の表面にホワイトニングの薬剤をと塗布し、光を当てます

    ・照射後 薬剤を除去します

    薬剤の種類などにもよりますが大体30分から1時間ほどお時間がかかります。

  4. 仕上げ・チェック ホワイトニングを終えたら、最後に仕上げのクリーニングを行います。その後、施術前の歯と施術後の歯の色味を比べて どのくらい白くなったかの確認をいたします。この歯の色味のチェックを行うことで どのくらいの効果が出ているのか 大体あと何回施術が必要かを予測することができます。

    ※元々の歯の黄色みが強い方・歯の色味がグレー系統に暗い方は、なかなか一度の施術では真っ白になる事はありません。数回の施術が必要です。

ホームホワイトニングについて

ホームホワイトニングの特徴

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングとは違い、お家で皆さんご自身で行っていただくものになります。

ホームホワイトニングのメリット

  • 歯医者に通わなくてもお家でできる
  • 色の後戻りがしにくい
  • トレーが合えば薬液を買い足すだけで、
    再び行える
  • オフィスホワイトニングに比べて安価

ホームホワイトニングのデメリット

  • 歯が白くなるまで時間がかかる
  • 1日2時間はトレーを装着しなければならない

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べて、歯が白くなるまで時間はかかりますがその代わりに色の後戻りはしにくいです。オフィスホワイトニングは3〜6ヶ月持続すると言われていますが、ホームホワイトニングの場合は6ヶ月〜1年とされています。

そのためオフィスホワイトニングのように度々メンテナンスをしに来院していただく必要はなく、長期間白い歯を楽しんでいただけます。
またメリットにも書いてあるように、トレーがしっかりとお口にはまる場合は薬剤を買い足していただくだけでもう一度ホワイトニングを行っていただくことができます。

※ただし虫歯治療などでトレーが合わなくなった場合は再度作り直しが必要です。

当院では現在、
ホームホワイトニングを行っております

歯を白くしたい方、自分のペースに合わせてホワイトニングを進められたい方、お手軽にホワイトニングを始めてみたい方には特にホームホワイトニングがお勧めです。

ホワイトニングについてもっと詳しく話が聞きたい・ホワイトニングを始めたい方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽に当院までお問い合わせください。

ホームホワイトニングのリスク・副作用

ホームホワイトニングはお家でご自身で行ってもらうことが最大の特徴です。しかしその点がホームホワイトニングのリスクに繋がる場合もあります。

ホームホワイトニングは使用方法や使用時間、薬剤の量をご自身で管理していただく必要があり、誤った使用方法でホワイトニングを行ってしまうと歯や歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。例えば薬剤の量が多く、装着時にトレーから溢れて歯茎についたまま数時間置くと、歯茎が赤く腫れるといった症状が出ます。この場合はホワイトニングを一日お休みしてもらい、次回からは薬剤の量を調整していただくことになります。

ホームホワイトニングは自分のペースで行えることが利点ですが、その分ご自身での管理もとても重要です。ここまで読んでみて、不安になった方もいらっしゃるかもしれませんが、いつでも当院のドクター・スタッフがサポートいたしますのでご安心ください。お電話でのお問い合わせはもちろんですが、歯茎が腫れている・歯がしみる・痛いなど異常を感じた場合はドクターにより診察もいたしますのでどうぞご来院ください。

ホームホワイトニング施術の流れ

  1. 検査・カウンセリング/ホワイトニングトレーの型取り ※虫歯などの治療が必要なければホワイトニングトレーの型取りを行います
  2. クリーニング

    ホワイトニングは 歯の表面に薬剤を浸透させ、歯を白くするため施術の前には歯をクリーニングします。

  3. ホワイトニングトレーと薬液のお渡し・使用方法、注意事項の説明
  4. ホワイトニングのチェック

    色の変化を確認するためのお写真を撮影・ホワイトニングを始められてお困りの事がないか確認、カウンセリングを行いますご希望の白さになるまで数回チェックに来ていただくことがございます。

  5. 目標の白さになれば、
    ホワイトニングは終了

    もし着色や歯の黄ばみが再度気になってきた場合はもう一度ホームホワイトニングを行っていただくことで、おなじ白い歯を取り戻すことができます。

    ※ホワイトニングのトレーがしっかりと装着できる場合は、薬液を買い足していただくだけでもう一度ホワイトニングを行うことが出来ます。ただし虫歯の治療などでトレーが合わなくなった場合は再度トレーを作製する必要があります。

よくあるご質問

一度の通院で
思い通りの白い歯になれます?

一度のホワイトニングで目標の色味に到達する事は残念ながら難しいです。もとの歯の色味が強い方(黄色み・暗い色味の歯)は特に一度の施術で真っ白になることはまず無いと言えるでしょう。

しかし全く効果を感じられないというわけではありません。一度のオフィスホワイトニングで歯の色味が3〜5段階ほど白くなると言われています。ただ3〜5段階白くなるとしても、真っ白な歯を希望される方にとっては、初回は少し物足りなく感じるかもしれません。

そのため初回では効果をあまり感じることができず、落ち込む方もおられますが 何回かホワイトニングに通院していただくことですぐに効果を実感していただけます。

1回ホワイトニングをすると、
どのくらいの期間効果が持続しますか?

個人差もありますが オフィスホワイトニングを終えられて、効果は大体3〜6ヶ月ほど持続するとされています。ホームホワイトニングに比べるとオフィスホワイトニングは早く後戻りしてしまいます。オフィスホワイトニングは短期間で歯を白くさせるため、薬剤が歯の奥深くまで浸透するわけではありません。

そのため色戻りが起こりやすく、持続期間があまり長いわけでは無いので、定期的に施術が必要になります。
しかしオフィスホワイトニングの良い点は短期間で歯を白くできるため、挙式が控えている方や大切なイベントが近々控えている方にはおすすめです。

施術を受けるにあたっての
注意点はありますか?

歯がしみる

虫歯や歯周病が無い健康な歯でもホワイトニングを行う事で、歯がしみる場合があります。原因はその人の歯の質やホワイトニング薬剤の濃度が高いことが考えられます。
多少はどうしても薬剤の影響でしみる症状はあるかとは思いますが、しみる症状が強くでた場合・翌日まで痛みが続く場合は一度 歯科を受診してください。

ホワイトニングに通っている間は
着色しやすい

ホワイトニングの施術直後や・ホワイトニングを終えられた方は着色しやすい食べ物や飲み物、喫煙に注意してください。ホワイトニングをしている歯は着色しやすい状態とも言えます。

そのため術直後24時間はコーヒーやワイン・紅茶・カレーなど控えてください。ホワイトニングを終えられた方も、必ずしも控えなければいけないという訳ではありませんが。白い歯を少しでも長く楽しみたいのであれば、喫煙習慣や着色しやすそうな飲食物は控えた方が良いでしょう。

ホワイトニングができない人、
できない歯はありますか?

ホワイトニングができない方

妊娠中・授乳中の方
または妊娠の可能性がある方

ホワイトニングの薬剤は一般の方への安全性は確認されていますが、妊娠中の方や授乳中の方への安全性はまだ分かっていません。

未成年の方

ホワイトニングの薬剤が乳歯や生えたての永久歯に与える影響がまだはっきりとわかっていないため、多くの歯医者では18歳以上が対象年齢としているところが多いです。

無カタラーゼ症の方

無カタラーゼ症とは「過酸化水素」を分解するカタラーゼという酵素が不足している病気のことを言います。ホワイトニングの薬剤の成分にはこの「過酸化水素」という成分が含まれているため、無カタラーゼ症の方はホワイトニングを受けることができません。

光線過敏症の方

オフィスホワイトニングでは光照射を行います。光線過敏症の方は口唇に火傷を起こしやすいので、避けた方が良いでしょう。ただしホームホワイトニングであれば、お家で簡単に行えますので そちらをおすすめいたします。

テトラサイクリン変色歯の方

幼少期にテトラサイクリン系の抗生物質を服用し、歯がグレーになっている方はホワイトニングの効果があまり得られません。これはテトラサイクリン系の抗生物質が原因で、歯の形成時に色素が沈着してしまっているためホワイトニングでは効果が得られず、なおかつ期間もかかってしまいます。
そのため歯の色味が気になる場合、当院では別の治療方法をご提案いたします。ぜひ一度ご相談ください。

ホワイトニングができない歯

※ホワイトニングは天然歯(自分の歯)にしか効果がありません。

被せ物が入っている歯

天然歯にしか薬剤は浸透しないため、被せ物の色がかわる事はありません。

プラスチックなどを詰めている部分

虫歯の治療で白いプラスチックを詰めた部分も薬剤の浸透が無いため白くはなりません。ホワイトニングを開始される前に、この部分は白くなる部分・ならない部分を確認いたします。想像していた様に白くならなかった…とならないためにも、そちらをご確認いただいたうえで治療に臨まれることをお勧めします。

またホワイトニングを終えて、どうしてもプラスチックの部分が浮いて目立ってしまう様であれば、白くなった歯に合わせて再度プラスチックを詰め直す方法もございます。保険治療、自費治療ともに診療メニューがそれぞれございますので どうぞお気軽にお尋ねください。

エナメル質形成不全の歯

エナメル質形成不全とは何らかの原因によって、エナメル質の成長が不十分なことを言います。エナメル質とは歯の一番表面の部分を指します。そのエナメル質が弱い状態でホワイトニングの施術を受けると、強いお痛みを伴ったり、ホワイトニングの効果があまり感じられないといった問題を引き起こす可能性があります。