虫歯治療|船橋の歯医者|船橋あらき歯科

虫歯治療

虫歯治療について

虫歯とは

虫歯とはプラークの中に潜む虫歯菌(ミュータンス菌)が酸をだすことによって、歯のカルシウムやリンを溶かし、歯に穴をあけてしまう病気です。

 

虫歯の原因

虫歯の原因は3つあります。
1つは細菌
2つめは糖質
3つめは歯の質です。
この3つの要素が重なり、時間が経過した場合 虫歯が発生するとされています。

細菌

虫歯菌の代表的なものがミュータンス菌です。このミュータンス菌はプラーク(歯垢)となって歯の表面に付着し、糖質を材料にして酸を創ります。この酸が歯のカルシウムやリンを溶かしてしまいます。

糖質

砂糖などの甘いものや、普段の食事にも含まれている糖質は虫歯菌が酸を作り出す材料となります。間食が多い方や、キャンディーやジュースなどをよく摂取する習慣にある方は酸を多くつくりだし、また歯の表面が酸にさらされる時間が多くなります。そのため、こういった習慣のある方は虫歯ができるリスクが他の人よりも高いです。

歯の質

歯はエナメル質・象牙質・セメント質などの成分で出来ており、その中でもエナメル質は人間の身体の中で最も硬い組織と言われています。このエナメル質が、歯ができる過程で部分的に弱い歯を形成してしまうことがあります。
つまり 歯の質が弱い=虫歯になりやすい状態にあるとゆうことです。

また子どもの歯(乳歯)も虫歯になりやすいため要注意です。乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が弱く、虫歯になりやすいのでこの時期は特にブラッシングや歯科での検診・フッ素が大切になります。

治療の痛みに対する医院の配慮
について

当院では治療の際に発生する痛みについて最大限 配慮するよう心がけております。 例えば麻酔です。当院では表面麻酔といって、注射での麻酔の前に塗る麻酔を先に行います。
そうする事によって少しでも注射の麻酔の痛みを和らげることができます。 また麻酔の針はとても細い物を使用しておりますので、刺入時の痛みを軽減し、注入圧を一定にする事で痛みを最小限に抑えられます。

虫歯の進行度と各治療法
について

    C1

  1. 特徴 歯の表面のエナメル質の範囲に穴ができてしまっている状態。痛みやしみたりなどの症状はほとんどありません。
    治療内容 コンポレットレジン(CR)治療を行います。 歯を少し削りレジンと呼ばれるプラスチックを詰めます。 型どりなどの必要はなく治療回数も1度で済むことがほとんどです。
    治療の流れ 麻酔→(虫歯の部分)歯を少し削る→プラスチックをつめるために歯の表面処理をする→レジンをつめる→噛み合わせの高さを確認し、表面をきれいに磨く。
  2. C2

  3. 特徴 虫歯が進行し象牙質まで達している状態。C1では症状がありませんでしたが、ここまでくると症状がではじめます。冷たい物や甘い物がしみたり、痛みなどの症状があります。
    治療内容 象牙質にまで虫歯が達しているため、レジンを詰めるのではなく、型どりが必要になってきます。(※虫歯の程度や場合によってはレジンで治療することもある)
    型どりをして詰め物を作製し、セットする流れになりますので治療回数も2回は最低でもかかることになります。
    治療の流れ 麻酔→虫歯の部分を取り除く→詰め物の形に歯を削る→型どり→後日 詰め物をセット
  4. C3

  5. 特徴 虫歯が神経にまで達してしまっている状態です。この時には激しい痛みなどの症状があります。
    治療内容 虫歯が神経まで達してしまっている場合は、歯の神経を取り除く「抜髄」を行う必要があります。 抜髄をした後は何度か根の中を洗浄、消毒に来ていただきます(根管治療)。
    根の中が綺麗になれば神経の代わりになるお薬を根管の中に入れ、その上に土台をたて、かぶせ物を作成しセットします(型どりが必要です)
    治療の流れ 麻酔→抜髄(神経を取り除く)→根管治療(2~3回はかかります)→土台を立て、かぶせ物の形に削る→かぶせ物の型どり→後日かぶせ物をセット
  6. C4

  7. 特徴 歯の根っこだけが残った状態。痛みのピークは過ぎていますが、ここまでくると歯を残すことは難しく、抜歯が必要となります。
    治療内容 歯を残す事は出来ないため、抜歯になります。抜歯をした後はブリッジか入れ歯、インプラントという選択肢があります(※口腔内の状態により方法は異なります)。
    患者様の希望にあった方法を選択していただき、治療を行います。
    治療の流れ 麻酔→抜歯→傷口の治りを待つ→ブリッジ、入れ歯、インプラントの中から選択して頂き それぞれの治療へと進んでいきます。

虫歯の予防方法

虫歯の予防は 歯みがき・食習慣が大切です。 虫歯の原因の歯の質は元々 生まれもった体質のため変えることは難しいですが、それ以外の歯みがき・食習慣は皆さんも日常生活の中でも意識することが出来るかと思います。

歯みがき

虫歯の菌を減らすということは、プラーク(歯垢)を取り除くことです。プラークとは虫歯の菌がつくる物質によって歯の表面にくっついおり、うがいでは取り除くことが出来ません。そのため歯ブラシでしっかりと虫歯の原因となるプラークを取り切ることがとても重要です。

食習慣

食習慣も虫歯の予防に大きく関わってきます。 例えばお菓子のだらだら食べです。長時間かけてお菓子をだらだら食べてしまうと、お口の中は常に虫歯の菌が食べ物を材料として酸を作り続けます。 そのため間食は時間をしっかりと決めて、規則正しく楽しむ事がとても大切です。

またジュースやスポーツ飲料をよく飲む方も注意が必要です。 ジュースやスポーツ飲料にはたくさの糖が含まれているので、ジュースなどを飲んだまま、眠りについてしまうなんてことは絶対にやめましょう。

その他にもよく噛むことも虫歯予防には重要です。 唾液にはお口の中を綺麗に洗い流す効果があります。 食事をよく噛むことで唾液がたくさん分泌され、お口の中をきれいに洗浄してくれます。 また食事をしっかり噛むことによって、食べ物を噛み砕き 歯の表面の汚れを落とすことも出来ます