根管治療|船橋の歯医者|船橋あらき歯科

根管治療

根管治療について

根管治療が必要になる場合

歯にズキズキと痛みがある場合、虫歯が神経にまで達している可能性があり、根管治療が必要となってきます。根管治療が必要な場面は2パターンあります。

一つ目は虫歯が大きく、神経にまで達してしまっている時(抜髄)
二つ目は神経が細菌に感染して死んでしまい、それを除去する時(感染根管処置)

感染根管処置は以前に神経の治療を行ったところが、再感染して感根治になることが多く、感染根管治療は通常の根管治療よりも成功率が下がります。

具体的な治療内容

根管治療とは、歯の中に通っている神経の管が虫歯の菌や何らかの細菌によって感染・炎症し、それらを除去・消毒する治療です。最終的には取り除いた神経の代わりになる、細いお薬を詰めて根管治療は終了となります。
ただし最終的なお薬を詰めるまでは、根管内の洗浄・消毒に数回通って頂く必要があります。

歯を残すにあたり根管治療の重要性

どんな方でも歯を抜くことに抵抗があるはずです。歯を抜かずに、自分の歯を残せるかもしれないという可能性があるのであれば、一度 根管治療を行なってみるべきだと思います。

歯を抜いてしまった後はブリッジ・インプラント・入れ歯などの方法がありますが、やはりお食事のしやすさ・入れ歯だとお手入れの手間を考えると、自分の歯に勝るものはないと思います。

しかしながら根管治療がしっかりと行われなかった場合・予後についての説明が事前になく、治療したのにすぐに抜歯になってしまうなんてこともあります。例えば、せっかくセラミックの被せものを入れたばかりなのに、抜歯になったとなると非常に勿体ないです。

ですのでそれは医師の診断・予後についての説明・歯を残すことへのメリット・デメリットの説明などを十分に聞いたうえで、一番良いと思う方法を選択し治療に臨んでください。また根管治療を行う際にマイクロスコープやCTがある歯科医院を選択するのもいいと思います。

歯の神経がない状態でも
痛みを感じる理由

神経を取ってしまった歯自体が痛むことはありません。冷たいものが染みることもないと思います。その理由は神経を取ってしまっているからです。それでも神経を取った歯が痛いのには理由がいくつかあります。

  1. 歯根が割れてしまっている

    神経を抜いた歯は、神経が残っている歯に比べて脆く割れやすいです。 (イメージは生木と枯れ木です。枯れ木は生木に比べて しなりがなく、ポキっと折れやすいです)
  2. そのため神経を取った歯に何らかの力が加わり割れてしまいます。
    歯根が割れているとそこから細菌が侵入し、炎症を起こし痛みが生じます。

  3. 根管治療が不十分

    根管治療が不十分な場合痛みがでることがあります。 神経が取りきれておらず、根の先の方で残ってしまっている場合痛みがでてきます。
  4. また根管治療の際 最後に神経の代わりとなるお薬をいれるのですが、それが根の先までしっかりと詰められておらず隙間ができてしまい そこに細菌が侵入し膿を溜めてしまうなんてこともあります。根の先に膿を溜めた状態だと噛むと痛みがでたりといった症状が現れます。

  5. 噛み合わせが合っていない

    神経治療後に被せた被せ物の高さが合っていない場合や食いしばりが強く歯に負担がかかった場合、歯と歯茎を支える膜に炎症が起こります。
  6. この膜(歯根膜)は歯に力がかかった時に衝撃を和らげるクッションの様な働きをしています。神経を取っている歯が噛んだ時に痛い場合、この歯根膜が炎症を起こしている可能性があります。噛み合わせの高さを調整しえ経過を観察することも出来るので、一度医師に診てもらうといいと思います。

  7. 歯周病

    歯周病が進行した場合、神経を取った歯の周りの歯茎が炎症を起こし痛む事があります。 歯周病の治療をする必要があるのでかかりつけの歯科で状態をチェックしてもらい、歯周病治療をすすめていきましょう。

きちんと根管治療をしなかった場合

根管治療は感染した神経を取り除き、洗浄・消毒を繰り返した後 最終的に神経の代わりになるお薬を詰めます。 消毒・洗浄の時点できちんと治療されていない場合も予後が悪くなります。
また根管内に神経の代わりとなるお薬を根の先まで入れられていない場合には根先に膿を溜めてしまい、痛みが現れ最悪の場合 抜歯になるケースがあります。

抜歯しなければならないケース

・虫歯が大きく、歯冠(歯の頭の部分)が
殆ど残っていない場合
・歯の根っこ(歯根)が割れてしまっている場合
・再度根管治療を行なったが症状が
改善されない場合
などがあります。

当院における
根管治療での取り組み

痛みを感じなくする処置・配慮

根管治療の処置中に痛みがでることは殆どありません。麻酔をしっかり効かせたうえでの治療になるので痛みがでることはないと思いますが、痛みがある場合には我慢せずに医師に伝えてください。ただし、炎症や急性症状が強い場合には麻酔が効きにくい事があります。
その時には麻酔が効くまで時間をおいたり、顎全体が痺れる様なよく効く麻酔を行ったり(伝達麻酔)・歯の神経に直接麻酔を行うことがあります。

おおよその治療期間・
定期的に通院する必要性

根管治療は他の治療に比べて 通院の回数がかかります。抜髄(神経を取り除く)→根管治療(洗浄・消毒)2〜3回→根管にお薬をいれる。根管治療は通院回数が多く、通うことが大変ですが治療期間が空いてしまうと歯にとって良くありません。

というのも、せっかく根管の中をきれいに洗浄・消毒しても治療期間が空くことによって、また根管内が汚染されてしまいます。そのため間をあまり空けずに定期的に通って頂く必要があります。

他医院での診断・治療内容の違い

一つの歯科医院で抜歯や抜髄と診断されたからといって、全ての先生が同じ診断をする訳ではありません。また中には根管治療を専門でされている先生もいらっしゃいます。他院で抜歯しか方法はないと診断されたとしても、一度セカンドオピニオンで他の病院にお話しを聞きに行ってみるのも選択肢が広がり良いと思います。

その際にマイクロスコープを使用しての根管治療を行なっている所や、(まだCTを撮影していないのであれば)CTを撮影した上での治療の相談が可能な医院・根管治療を専門とされている医院を受診されてみるのはいかがでしょうか。新しい治療方法や治療の選択肢が広がるかもしれません。

最新医療機器・設備(CTや顕微鏡など)を使用した
精密検査の内容・重要性

歯科の治療はどれもお口の中という狭くて難しい環境での治療になります。それに加えて唾液が(細菌がたくさん含まれている)常にある状態で、唾液に歯が晒されない様 治療することは非常に困難です。歯の治療だけでも簡単な事ではないですが歯の中の根っこの治療となると、より難易度はあがります。そこで当院でも使用しているマイクロスコープやCTなどの最新医療機器を使用する事で根管治療を安全にさらにはスムーズに行うことができます。

ただでさえ見えにくい歯の、さらに根っこの部分を治療する場合、人間の目では到底見えません。何倍もの大きさで治療部位をみるためには、医師がつけるルーペ・顕微鏡(マイクロスコープ)の使用が必要です。また歯の根っこは人それぞれ様々な形をしていて、曲がっていたり、根の数が多い人もいます。その様な場合にはレントゲン写真ではなく3次元的にみえるCT画像を参考に治療を行います。

他院で「抜歯」と診断され、
悩んでいる・困っている患者さんへメッセージ

他院で抜歯と診断されてしまった場合でも、ぜひ一度当院にご来院ください。当院ではCTやマイクロスコープなどの最新医療機器を準備し、知識と経験のあるドクター・スタッフで皆様をお待ちしております。CTをまだ撮影されていない場合には、撮影をさせて頂き、3次元的にその歯を分析したうえで治療の方法を患者さまと一緒に考えていきます。

もちろんその際にご質問や治療についての不安なことがございましたら、どの様なことでもご相談下さい。一つ一つ丁寧に誠意をもってお答えいたします。またもしも抜歯という診断が当院で変わらなかったとしても、最適でかつ患者さまにとって一番良い治療方法をご提案いたしますので、ご安心ください。

根管治療を行う以前に
抜歯をお勧めするケース

先程にも書いた通り、虫歯が大きく侵食し歯冠(歯の頭の部分)が殆ど残っていない場合・歯の根っこが割れてしまっている場合・何度も根管治療を行って、症状が改善しない場合には抜歯をおすすめめされることが多いと思います。

マイクロスコープを用いた
根管治療について

マイクロスコープとは

歯科マイクロスコープとは、歯科用顕微鏡のことです。肉眼と比較して3倍から約30倍程度まで視野を拡大することができます。お口の中は非常に暗く、また歯の治療は細かい作業が求められますのでマイクロスコープを使用する事によって治療のスピードや治療精度を上げることが出来ます。

マイクロスコープは根管治療に使用されるだけではなく、審美の精密治療や虫歯の治療などにも活躍します。従来ではレントゲンを参考にしながら、経験とおおよその予測で治療を行うしか方法がありませんでした。ただどうしても肉眼では見える範囲が狭くなってしまうため、虫歯の取り残しや、汚染物質をきれいに取り除くことはきわめて困難です。

しかしながら、マイクロスコープを使用することで虫歯の取り残し、汚染物質の取り残しを限りなく減らすことが可能になり、そうすることで歯の再治療のリスクも下げることが出来ます。

ラバーダムを用いた
根管治療について

ラバーダムとは

ラバーダムとは根管治療などに使用される、ゴム製のシートのことです。使用する際はこのラバーダムとクランプと呼ばれる金具を用いて治療する部位だけを、露出させます。そのため患部以外はゴムのシートで覆われた状態になります。

歯の根っこの治療である根管治療では、根管内の細菌を除去し洗浄することが目的です。しかし皆さまのお口の中にある唾液には莫大な数の細菌が存在し、それらが治療中の根管に入り込んでしまうと治療の意味がなくなってしまいます。

ラバーダムを使用せず唾液の侵入を防ぐということは極めて困難なため、ラバーダムを使用する方が患者様にも治療する側にもメリットしかありません。このようにメリットばかりのラバーダムですが、日本の保険治療では約10%程度しか使用されていないという現状があります。(コストがかかりすぎるため)

当院では、保険治療であっても再治療や抜歯にならないように、唾液混入による根管内への細菌の汚染を防ぐラバーダム防湿法を行った上で根管治療を行っています。