予防歯科|船橋の歯医者|船橋あらき歯科

予防歯科

予防歯科について

予防歯科とは

「予防歯科」とは虫歯や歯に異常がでてから歯医者を受診し 治療するのではなく、そうなる前から予防を行うことです。(歯科の定期検診)
どうしても皆さん歯医者さんに通う時は歯が痛くなってから…と思われている方が多いのではないでしょうか。しかし最近では予防歯科に力を入れている歯科も増え、患者さまのお口の中に対する意識も上がってきているように思います。

予防歯科のメリット

予防歯科のメリットは定期的にかかりつけの歯医者さんでお口の中をチェックしてもらうことにより、虫歯の進行が浅いうちに治療ができ、歯を削る量や治療の回数、負担などを減らすことが可能になります。当院では皆さまが検診に通っていただきやすく、またお口の中のお悩みを相談しやすいように歯科衛生士の担当制を行なっております。

もし自分の歯が抜けてしまい、高額な料金を払ってインプラントをいれたとしてもやはり自分の天然歯には敵いません。皆さん当たり前に思っているご自身の歯も、失った時にどれだけ大切だったかと気づくはずです。失ってから気づくのではなく、そうなる前にきちんと歯科の定期検診にかかって、お口のプロ達にチェックしてもらうことが非常に重要です。

定期検診

当院では4ヶ月検診もしくは6ヶ月検診を患者さまに推奨しております。検診の内容はレントゲン写真を撮影・虫歯のチェック・歯ぐきの検査(歯周病の検査)・クリーニング(歯垢・歯石を除去)・ホームケアのアドバイス・必要であればブラッシング指導などを行います。検診の中で虫歯が見つかれば、早い段階で虫歯の治療に取りかかることができ治療回数や負担を減らすことができます。

クリーニングについて

クリーニングとは

歯科で行うクリーニングは特別な機械を使用して行うお掃除です。普段ブラッシングをお家で頑張ってくださっている方でも、歯石はどうしても付いてしまいます。歯垢から歯石となってしまったものをご自身で取り除くことは難しいため、それは歯科衛士 ・クリーニングのプロたちにおまかせ下さい。

クリーニングで通う頻度

検診に来ていただく4ヶ月・6ヶ月のタイミングで通って頂けたらと思います。但し、歯石がつきやすい方や自費でのケアを希望される方は患者さまそれぞれのペースに合わせて来て頂く場合もございます。

クリーニングの流れ

ブラッシング状態などをチェック→プラーク除去→歯石を除去→歯の表面を磨きあげる→ホームケアのアドバイス(必要であればブラッシング指導)

歯垢・歯石について

歯垢(しこう)とは

歯垢と聞くと食べかすと思っている方も多いかも知れませんが、実は全くの別物です。歯の表面を指で触った時にネバネバしたものが付くことがありますが、このネバネバが歯垢のことで、別名「プラーク」とも呼ばれています。歯垢1mgには1億個以上の細菌が存在していると言われており、食後およそ4~8時間ほどでこの歯垢が作られてしまうため、毎食後の歯みがきが非常に大切です。

奥歯・歯の間・歯ぐきとの境目などに歯垢は付着しやすいので、しっかりとブラッシングで残さず汚れを落としましょう。

歯石とは

歯垢が石灰化(硬く・石のようになった物)したもので、歯みがきでみがき残した歯垢はおよそ2〜3日間ほどで歯石へと変わってしまうと言われています。そのため歯ブラシが当たりにくい、歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間にできやすく、歯石はその名前の通り石のように硬いため、一旦歯に付いてしまうとお家でのブラッシングでは取り除くことは出来ません。

※歯科医院で専門の機械でのクリーニングが必要です。また歯石の表面はデコボコしているため、そこにさらに歯垢が付いて歯周病や口臭、虫歯のリスクを高めます。