入れ歯|船橋の歯医者|船橋あらき歯科

入れ歯

入れ歯とインプラントの違い
について

患者さんにとっての入れ歯の魅力とは

歯が欠損した場合、方法としてはブリッジやインプラント、入れ歯などがあります。その中でも入れ歯にするメリットについてお話します。まず入れ歯は他の健康な歯を削ることなく、作ることができます。(※部分入れ歯を引っ掛ける金具の部分を作るために少し他の歯を削る場合がありますがブリッジほど大きく削りません)
ブリッジの場合、お隣の健康な歯を削って、被せ物をつくります。やはり健康な歯を削ることには抵抗がある方も沢山いらっしゃると思います。しかしこの点はインプラントも入れ歯も隣の歯を削ることなく治療する事ができるため、入れ歯だけの魅力とは言えません。

入れ歯とインプラントではどうでしょうか。まずインプラントは外科処置が必要です。ご高齢でオペに向かない方・外科処置に抵抗がある方には入れ歯がおすすめです。

さらに費用の面でも入れ歯はインプラントと比較して安価な為、そこも良い点です。入れ歯にも保険のものから自費のものまで様々な種類があるので、患者さまのご要望に沿って治療を進めることができます。入れ歯で自費の物を選択してもインプラントの料金よりも安価です。そして入れ歯は取り外すことができるので、お手入れもしやすいです。

メンテナンスの違いについて

先程にも書いたように、入れ歯は取り外す事ができるので毎日ご自身の手で綺麗にする事ができます。インプラントやブリッジは取り外すことができないため、なかなか毎日のケアで綺麗にお掃除できているかは自分の目で確かめることは難しいと思います。

またインプラントの場合は専用の器具を使用してのケアが必要になり、クリニックで専門的なケアを定期的に行って頂く必要があります。その点、入れ歯はお家で食事のあと義歯専用の歯ブラシで汚れを落とし、漬けおくタイプの洗浄剤に漬けておくと清潔に保てます。入れ歯の取り扱いや洗浄方法については、医院でも丁寧にご説明いたします。ご不明な点がございましたら、スタッフにお声がけください。

入れ歯の種類

    総入れ歯

  1. 総入れ歯とは入れ歯を支える歯が1本もない状態の入れ歯の事を言います。つまり全ての歯が欠損してしまっているケースです。

総入れ歯に最適なケースとは

欠損が多く、残存歯が少ない場合は入れ歯を支える歯への負担が大きくなりすぎるため抜歯をしてしまい総入れ歯をおすすめすします。欠損が増えるほど針金を掛けている歯への負担は大きく、また支える部分が少ないことで入れ歯も安定しにくくなります。
入れ歯が安定しないと喋りにくかったり・お食事がしにくいなどと生活にも支障をきたします。そうなれば抜歯をして総入れ歯ににされる方がよいでしょう。

    部分入れ歯

  1. 部分入れ歯とは入れ歯を支える歯が残っており、入れ歯を支えるための金具がついている入れ歯のことを指します。

部分入れ歯に最適なケースとは

・欠損部位が多くない場合
・健康な歯を削りたくない場合(ブリッジなど)
・外科処置を行いたくない場合(インプラント)

など上記の場合は部分入れ歯をおすすめします。

入れ歯の材質

保険診療の場合

    レジン床

  1. レジン床義歯とは保険で入れることの出来る入れ歯のことをいいます。素材はプラスチック樹脂を使用しています。プラスチックのため厚みが確保出来ていないと割れてしまうといった問題点があります。
  2. また部分入れ歯の場合は入れ歯が落ちてこないために引っ掛ける金具をつけるのですが、金属の金具をつけるためどうしてもおしゃべりしている時などキラッと目立ってしまいます。保険の範囲内で作成できるので、安価であること・とりあえず早く噛めるようにしたい場合などには良いでしょう。

自費の場合

    金属床

  1. 金属床とは入れ歯で言うピンク色の部分が金属で出来ている物のことをいいます。イメージしにくいかと思いますが写真をみて頂くとわかると思います。もちろん見た目からは金属の入れ歯が入っているようには見えません。金属床の素材は名前の通り、金属を使用しております。
  2. なぜ金属にしているかというとメリットがいくつかあります。
    ・プラスチックに比べ厚みが薄いこと=違和感がレジンに比べ少ない
    ・熱が伝わりやすいために味を感じやすいこと
    ・たわみにくく噛みやすいこと
    などがよく挙げられています。金属床は自費診療になりますので、保険の入れ歯よりはコストがかかってしまいます。

    TUMデンチャー(スマイルデンチャー)

  1. 当院で採用しているのはTUMデンチャーと呼ばれるもので、最近よく耳にするノンクラスプデンチャーです。素材はエンジニアリングプラスチックというものを使用しています。
  2. このプラスチックは身近な物で言うと車などにも使われているそうです。耐熱性、さらには弾力性と耐久性が優れているため、入れ歯を引っ掛ける金具が無くともしっかり安定してくれます。

特徴

保険の入れ歯とは違い、金具が必要なくなるため 見た目がとても綺麗です。外れにくく、見た目も綺麗なのでお話やお食事が楽しくなることでしょう。また材質自体が耐久性に優れているため入れ歯もしっかりと安定し、緩んだりお食事がしにくかったりといったことが少ないです。

こちらは自費診療になります。料金は歯の欠損の本数によって変動するため、ご希望の方がいらっしゃいましたら、料金や治療の流れなどスタッフが丁寧にご説明いたしますのでぜひお問い合わせくださいませ。

完成までの流れ

    カウンセリング

    カウンセリングの際に保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いを説明し、患者さまに合った治療方法を一緒に選択していきます。方法が決定次第入れ歯の製作にとりかかります。(型どりは次回になることもあります)

    型取り

    入れ歯を作るための型どり、噛み合わせをみるためにも対合の型どり(噛み合わせをとる場合もあります)
    噛み合わせが安定している人、欠損部位が少ない人は次回が入れ歯完成になることもあります。

    ベースプレート

    型取り時に噛み合わせを取っていない場合は技工所が作成してくれた噛み合わせをみるための装置を使用して噛み合わせを採ります。

    試着

    ろうで出来た入れ歯を試着します。ほぼ完成に近いのですが、素材がろうで出来ているためまだ完成ではありません。最終的に問題がないかをチェックして、ここでOKの場合 次回が完成です。

    入れ歯お渡し

    完成した入れ歯をお口の中にセット、お渡しします。入れ歯が初めての方も、今までに入れ歯を使用したことがある方も付け外しの練習を行います。

    また初めての方には取り扱いの説明・注意事項の説明を行います。ご不安な点や質問があればお気軽にお声がけください。スタッフ・ドクターがお答えします。入れ歯をセットした後、調整が必要であれば入れ歯の調整を行います。入れ歯は新品の靴の様に慣れるまで時間がかかります。入れ歯をお渡しした後も、調整で何度かご来院頂く場合があります。

    入れ歯の調整

    入れ歯の調整・チェックに来ていただきます。問題がなければチェックをして、次回検診になります。入れ歯が当たって痛い場合や、金具が緩くてすぐに外れてしまう場合など調整が必要であれば入れ歯の調整を行います。入れ歯の調整は何度か回数がかかることがあります。

    メインテナンス

    検診へ移行します。検診のお知らせが届きましたら、予約を取っていただきご来院ください。その際に必ず入れ歯をご持参下さい。お口の検診と一緒に入れ歯のチェックもします。